MENU
MENU
ホーム
サービス
会社情報
新着情報
お問い合わせ サイトマップ

サービス

正確な耐震調査がなければ、
耐震診断や補強設計は
当てにできない

補強設計は耐震診断に基づいて行います。耐震診断は、耐震調査がその礎となります。
最も大切なのは耐震調査の正確性です。そのため、当社は耐震調査を根幹とし、
それに基づいた耐震診断、補強設計を一貫して行っています。

耐震調査から耐震設計までを幅広くサポート

株式会社BERIが提供するつのサービス

耐震調査

耐震診断

耐震補強

耐震診断の
必要性

建物の耐震補強は、住民の命や財産を守るだけではなく、周辺建物への二次被害や避難路・輸送路の断絶を引き起こさないためにも重要なことです。また、旧耐震基準の建物は、現行法に準拠した耐震性を得ることで、資産価値を上げることもできます。

株式会社BERIがreason why people choose

選ばれる理由

  1. 01.図面がなくても復元可能
  2. 02.補助金申請の手続きがスムーズ
  3. 03.耐震調査から補強設計まで
    一貫した会社
こんな方はご相談ください

昭和56年より前の
建物を所有してる

建物の一階が
駐車場になっている

助成金や補助金
について知りたい

建物の
図面がない

他社の
見積もりが高い

耐震診断のご相談から補強工事の流れ

耐震調査

Research

図面がなくても大丈夫

図面が無い場合、現地調査によって復元することが可能です。また、図面が有っても実はそれほど当てにならないことがあります。増改築されていたり、建物の使い方が変わっていたり、そもそも建築当時から図面通りになっていないケースもあるからです。現存する図面は参考にしますが、重視するのは現地調査によって調べた結果です。

正確な調査のため、
建物の一部に傷がつきます

現地調査には、大きくわけて非破壊調査と破壊調査があります。コンクリート内部の鉄筋本数がわかるレントゲンのような非破壊機器も使用していますが、コンクリートのサンプル採取、鉄筋の太さ調査、鉄骨の溶接調査など、必ず破壊が必要な調査もあります。可能な限り外観を元に戻しますが、一度建物に傷がつくことは避けられません。なにとぞご理解ください。

非破壊調査

図面照合・復元調査

窓・扉・壁・柱・梁の計測

柱、梁、壁だけではなく、窓やドアのサイズを計測します。開口部は建物強度に大きな影響を及ぼします。

図面照合・復元調査

壁・柱の中の鉄筋の本数計測

コンクリート内部の鉄筋は重要な部材です。電磁波を使ったRCレーダーで、見えない鉄筋の数を調べます。

不同沈下調査

建物は、長い年月を経ると沈下するのが正常です。この調査では、沈下による傾きの有無を確認します。

外観劣化調査

外壁の塗装の剥がれやひび割れを確認。そこから雨水が浸入すると、鉄骨、鉄筋の強度が下がるためです。

鉄骨調査

柱・梁接合部 柱脚部 部材・溶接調査

鉄骨造は、鉄板の集合体です。
規定の厚みの鉄板が使われているか、
溶接が十分にされているかが重要なポイントです。

破壊調査

強度試験用コンクリート採取

コンクリート強度は、正常であれば、設計図に書かれている強度よりも高い強度になっています。
現状のコンクリート強度の把握は、必須です。

※コンクリート系の建物には必ず行います

はつり調査

壁・柱のはつり、鉄筋の太さを測定

コンクリートの中に隠れている鉄筋や鉄骨のサイズは、非破壊検査では、分かりません。
図面が無い場合には、一部剥き出しにし、計測しなければなりません。

※コンクリート系建物で図面が不足している場合に行います。

できる限り原状回復に努めています

穴を開けた部分はコンクリートで埋め戻します。また、パテ埋め、塗装を施して原状回復を行います。ただし、まったく同色の塗料、同種の壁紙などは入手困難です。多少の違いについてはご理解ください。

耐震診断

Diagnosis

調査結果に自信があるから、診断できる

耐震診断を行う会社の多くは、補強設計も同時に行う設計事務所です。しかし、耐震調査を行う設計事務所はほとんどおらず、調査を外注します。設計者の考えを持って耐震調査が行われることは少なく、建物の不備を見抜くことができません。当社は自社で耐震調査を行うため、耐震診断にも絶対の自信を持っています。

耐震調査の専門会社だからこそできる
細かな調査によって建物の異変や図面との相違を見つけ、
的確な診断を行ってこそ
住まわれている方の安心安全に繋がると考えております。

精度ある耐震調査が耐震診断の結果に影響します

打合せ
下見調査
精密診断・耐震調査の前の準備段階

・耐震診断をする必要があるかどうかを、築年数から判断
・図面や構造計算書などの書類の収集
・図面と建物の簡易的な照合

耐震調査
精密診断の情報を集める

・図面照合調査、図面復元調査
・耐震診断必須の調査

構造計算
耐震性を導く計算を行います

・プログラムの入力と結果の精査
・第三者機関の審査を受け、評定を得る

図面が無い建物の場合、図面を復元する必要があります。 株式会社BERIでは、耐震診断に特化した復元調査となります。精度の高い耐震診断を行うために、必須の調査があり、また、無駄な調査をせず、費用を抑えます

耐震補強

Design

美観や使い勝手も考えた
補強設計をご提案します。

耐震補強工事には、様々な工法があります。必ずしも壁で通路を塞いだり、大きなブレースで窓を覆ってしまうわけではありません。建物の価値を下げないよう、見た目の美しさや従来の使い方を妨げないプランをご提案します。

耐震補強工事について

建物の状態によっては、ほとんど外観を変えず簡単な工事で耐震性を満たすことができます。
居室内に立ち入らない工事方法もございます。

補強工法① ー 柱巻き補強靭性型補強

鉄筋の数が不足しているなど、強度に問題のある柱は地震の際に折れる可能性があります。その特定の柱だけを補強する工法です。

コンクリート巻き補強

柱のコンクリートをはつり、鉄筋を足して再びコンクリートで塞ぎます。コンクリート巻き補強は強度型補強にもなるため、より耐震性がアップします。

鉄板巻き補強・炭素繊維巻き補強

鉄板または炭素繊維を用いて、柱が折れることを防ぎます。柱の太さが大きく変わらないため、景観を守りたい場所の柱に用いられやすい工法です。

柱巻き補強の施工例
鉄筋組立
完 成

補強工法② ー フレーム補強強度型補強

内付けフレーム補強と、外付けフレーム補強の二種類があります。
柱と梁でできる長方形の内側に補強を入れるのが内付けフレーム補強、柱と梁に沿って補強を横付けするのが外付けフレーム補強です。

柱が屋外にある建物の場合 → 内付けフレーム補強
A 柱が屋外にある建物

内付けフレーム補強は、外付けフレーム補強よりも強度が高いため、建物全体の補強量を減らすことが可能となります。しかし、窓が小さくなる傾向があるため、十分な話し合いが必要となります。

鉄骨ブレース

内付けの鉄骨ブレース補強は、強度が抜群に出ますが、景観が損なわれやすいため、住宅以外に使われることが多いです。

コンクリートフレーム補強

内付けのコンクリートフレーム補強は、窓が小さくなることが難点ですが、強度と景観を兼ね備えた工法です。

柱が屋内にある建物の場合 → 外付けフレーム補強
A 柱が屋外にある建物

多くのマンションで見られる構造です。
建物内部への補強が難しい場合に多く使われる工法です。

鉄骨ブレース

窓からの景観が損なわれやすいため、マンションのような住宅以外の建物に使われることが多いです。

コンクリートフレーム補強

住人にもっとも好まれる工法です。しかし、内付けに比べ強度が下がるため補強する箇所数が多くなりやすいです。

フレーム補強の施工例
引用元:Google Maps
外付けコンクリート
引用元:Google Maps
鉄骨フレーム

補強工法③ ー アウトフレーム補強強度型補強

建物から飛び出した形で新しい補強柱を作る工法です。ベランダの面積や窓の開口部が狭くならないのが利点です。ただし、補強柱の基礎工事が必要となるため、敷地に余裕のある建物にしか適用できません。

引用元:Google Maps
鉄骨フレーム補強
引用元:多摩市役所ウェブサイト
コンクリートフレーム補強

補強工法④ ー スリット補強靭性型補強

柱が本来持っている「粘り」が一部繋がっている壁によって発揮できない場合には、柱と壁の間に隙間を作り、切り離すことで柱の耐震性能を引き出します。これをスリット工法と呼びます。

スリット補強の施工例
引用元:八王子市市施設耐震補強工事紹介ウェブサイト
スリット加工
引用元:八王子市市施設耐震補強工事紹介ウェブサイト
防水軟材で穴埋め

補強工法⑤ ー 袖壁補強/開口閉塞強度型補強

袖壁補強は、柱と一体となって、強度を増強させる工法です。
窓等が小さくなってしまいますが、その他空間を有効に使える工法です。コンクリートの壁は、柱の強度以上の耐震性能を含んでいます。フレーム補強が難しい場所では、開口閉塞を行い、耐震性能を高めます。

柱の横にある窓を塞ぐことで柱の強度を上げ、建物全体の耐震性もアップします。

パートナー協力についてのお問い合わせ

Inquiries about partner cooperation

設計事務所様、工務店様のパートナー企業として
協力させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

TEL.03-6915-2231
受付時間 9:00〜18:00 / 定休日 土・日・祝
お問い合わせはこちらから
耐震調査 耐震診断 耐震補強

CONTACT

耐震調査 耐震診断 耐震補強

CONTACT